top of page

Pixelated Perception

"Pixelated Perception" explores the complex confluence of the digital and the tangible, highlighting the diverse transitions in Japan. In the 1990s, pixels, the minute elements of the digital realm, emerged prominently in platforms like mobile phone communications and instances of censorship, subtly altering our perception of reality. Using AI generation, Kusano crafts portraits of individuals who, though they don't exist in fact, resonate profoundly in our memories and senses, employing the pixelated effect as a symbolic presence.

Pixels signify the fragmented pieces of our identity and understanding in this digital era. This work's aesthetic, reminiscent of video games, questions the overly pop-consumed roles of men and women, suggesting that these roles are, after all, fictional constructs.
This glitch prompts us to reflect on the interplay between reality and the virtual, encouraging a reevaluation of our perspectives and the freedom to envision differently.


Pixelated Perception は、デジタルと物質の複雑な交わりを追求し、日本における多様な変遷を浮かび上がらせます。1990年代には、ピクセルというデジタルの微細な要素が、携帯電話通信や検閲などのプラットフォームで目立つようになり、私たちの現実認識を巧妙に変化させました。草野はAI生成を使って、実際には存在しない人物の肖像を制作し、その存在が私たちの記憶や感覚に深く共鳴するものとして、ピクセル化効果を象徴的に活用しています。

ピクセルは、このデジタル時代における私たちのアイデンティティと理解の断片を意味します。この作品の美学は、ビデオゲームを思わせ、男性と女性の役割について過剰にポップなアプローチに疑問を投げかけ、最終的にはこれらの役割が架空の概念である可能性を示唆しています。

このグリッチ効果は、現実と仮想の相互作用について考えさせ、私たちの視点を再評価し、異なる視点で物事を考える自由を奨励しています。

Auction Site
Article

bottom of page