top of page

Synthetic Reflection 

Synthetic Reflections is a self-portrait series by Emi Kusano, accumulating visions of the future once imagined by the past and lyrically illustrating their unique anticipations towards the technology of their times. In an era of post-truth where AI shapes identity, Emi, through her work, explores the impacts of this technological revolution and the timeless human desire to leave an imprint on oneself.

Each piece captures Kusano in a retro-futuristic world, an alternate universe where echoes of past dreams and future visions blend. They evoke a unique blend of nostalgia and boldness. Imagine a magazine cover where classic and modern fashion photography intertwines, stimulating a dialogue between the observer and the self-portrait that transcends time.

Questioning the significance of self-image in a mutable reality formed by generative AI, these portraits evolve into dynamic reflections of our identity, perpetually inquiring about the meaning of self-immortality.

"Synthetic Reflections" merges art, technology, and fashion, navigating the duality of personal and universal, transitory and eternal. Welcome to this journey that reflects the pursuit of identity in a post-truth world. Despite our era being synthetic, it stands testament to the enduring human desire to be seen, understood, and remembered.



「Synthetic Reflections」は、草野絵美のセルフポートレイト・シリーズで、過去から想像されてきた未来へのビジョンを詩的に織り交ぜています。AI技術が我々のアイデンティティを形成する現代において、草野の作品は技術革命の影響や、人としての存在を記録として残すという永遠の探求をテーマにしています。

このシリーズの中の作品は、草野が過去と未来のビジョンが交差するレトロフューチャリスティックな世界での姿を提示しています。それは時代を超越した懐かしさと斬新さが組み合わさったもので、古典的な雰囲気と現代のファッションが融合したような、雑誌のカバーショットを思い浮かべるとわかりやすいでしょう。これらの作品は観る人に自分自身を時代を超えて映し出す鏡のような役割を果たします。AIが作り出す可変的な現実の中での自己像やアイデンティティの価値を問いかけ、永遠の自己探求の意味を問いかけます。

「Synthetic Reflections」は、芸術、技術、ファッションの要素を巧みに組み合わせ、個と普遍、一時的と永遠の狭間での探求を進めています。私たちが生きるこの時代がどれほど技術的に進化しても、人としての存在感や理解されたいという願望は変わらないことを感じさせる作品となっています。

SuperRare
Twitter Feed

bottom of page