top of page

Techno Animism

In the crucible of Japan's cultural imagination, where every object is believed to house a spirit, and technology is embraced not as a foe but as a companion, the series "Techno-Animism" manifests as a profound exploration of this symbiosis. These Long-Form AI Works are a testament to the seamless integration of Japan’s animistic beliefs with its forward-thinking embrace of technology. Here, kami—the spirits of Japan—do not reside in the forests or temples alone but also in the silicon and circuits of the robots and digital entities that populate these works. These creations are not just mere reflections of the natural world but are also infused with the life-force that Japanese culture perceives in all things, animate and inanimate alike. This collection is a canvas where past and future coalesce, where the essence of eternal Japan is interwoven with threads of a time yet to come. It's a narrative that unfolds in the interplay of light and shadow, a dance of the metaphysical with the tangible, resonating deeply with the ethos of harmony that is central to the Japanese way of life. Each work in "Techno-Animism" is an invitation to witness a world where the boundaries between man, machine, and nature blur, proposing a future where technology augments our reality, not detracts from it—a future where we move forward hand in hand with the very essence of life that animates us all.


『テクノアニミズム』 日本の文化的想像力のるつぼの中で、すべての物体には精霊が宿り、技術は敵ではなく仲間として受け入れられると信じられている。このシリーズ『Techno-Animism』は、この共生の深い探求を体現している。これらのロングフォームAIワークスは、日本のアニミズムの信念と技術に対する先進的な受け入れがシームレスに統合されたことを証明している。 ここでは、神々—日本の精霊—は森や寺だけでなく、これらの作品に登場するロボットやデジタルエンティティのシリコンや回路にも宿っている。これらの創造物は自然界の単なる反映ではなく、生命と無生命を問わず、すべてのものに日本文化が感じる生命力に満ちている。 このコレクションは過去と未来が融合するキャンバスであり、永遠の日本の本質がこれから来る時代の糸で織り交ぜられている。光と影の相互作用、形而上学と触れるものとのダンスで展開する物語であり、日本の生活様式の中心である調和の倫理に深く響く。 『テクノアニミズム』の各作品は、人間、機械、自然の境界が曖昧になる世界を目撃する招待状であり、技術が私たちの現実を増幅し、減じない将来を提案している—私たち全員を生かす生命の本質と手を取り合って前進する未来を。

Auction Site
Official Video

bottom of page