top of page
Cognitive_Chaos_Emi_Editon.jpeg

COGNITIVE CHAOS: WIRED REALITIES

"Cognitive Chaos" delves into the artist's journey with ADHD, shedding light on how it resonates with the broader societal shift towards shorter attention spans, exacerbated by our digitally saturated lives. The artwork ventures into the nostalgia of a future once imagined, where brains directly connect to devices—a concept familiar in science fiction but now echoing with new significance. As AI blurs the boundaries of truth, the piece contemplates the resurgence of tangible sensations like texture and scent. It invites viewers to explore the balance between technology and the natural world, urging a rediscovery of our sensory experiences amidst the cognitive chaos. This visual narrative encourages introspection on the interplay between our changing perceptions and the evolving digital landscape, advocating for a mindful engagement with the world around us.


 

『Cognitive Chaos』は、ADHDとの個人的な旅を通じてアーティストの内面を探り、私たちのデジタルに満ちた生活によって悪化する、短い注意スパンへの社会全体のシフトとどのように響き合うかを明らかにします。この作品は、脳が直接デバイスに接続されているという、かつて想像された未来のノスタルジアへと冒険し、科学小説からお馴染みの概念ですが、今では新たな意味を持って響きます。AIが真実の境界線をぼかす中、この作品は、質感や香りのような触覚的な感覚の復活を考察します。それは、視聴者に対し、技術と自然界のバランスを探求し、認知の混乱の中で私たちの感覚体験を再発見するよう促します。この視覚的物語は、私たちの変化する知覚と進化するデジタルランドスケープとの相互作用についての内省を奨励し、私たちを取り巻く世界との意識的な関わりを提唱します。

bottom of page